手汗を気持ち悪いと思う理由

手汗はベタベタします。

人はベタベタするものを気持ち悪いと思ってしまいます。

なぜでしょうか?

それは、ベタベタするところに、細菌は発生しやすくなるからです。

そう、だから人は本能的に、ベタベタするものを不潔に感じてしまうのです。

手に触れた瞬間「気持ち悪~い」というイメージを持たれてないようにすることはとても重要です。

今すぐ、手汗の対策をしましょう。

手汗を止める方法

 

フレナーラ【手汗対策ジェルクリーム】

フレナーラ

・安心の180日返金保証付き!
・医薬部外品!
・通販限定!

公式サイトでさらに詳しく

 

ファリネ【手汗対策制汗パウダー】

・パウダーなのでベタベタなし!
・30日間返金保証付き!
・医薬部外品!
・2016年モンドセレクション受賞!

公式サイトでさらに詳しく

 

テサラン【手汗対策クリーム】

・30日間返金保証付き!
・医薬部外品!

公式サイトでさらに詳しく

 

脱手汗を目指しましょう!

手汗に悩む方は意外と沢山います。

というのも、手の平はエクリン腺が多く存在するので、汗をかきやすい場所でもあるからです。
ちなみに手汗に悩み出す時期は、一般的に思春期くらいからだと言われています。

また手は日常生活のあらゆる場面で使うため、手汗の症状がひどいと日常生活に支障が出るため深刻な悩みにもなってきます。

好きな人と手を繋ぎたいのに手汗が気になって繋げない、手汗のせいで前向きになれないなど”手汗”が原因で気持ちが消極的になってしまっていたらすごくもったいない事ですよね。

誰にでもコンプレックスの一つや二つははあると思いますが、悩みすぎるとストレスで症状が悪化する場合もありますので、気にしすぎない事が大切です。

今回は手汗の原因と一緒に、解決方法もご紹介します。
脱手汗を目指しましょう。

手汗の症状レベル

まず手汗の症状レベルについてです。

手汗にも症状のレベルがあり、重度になると日常生活に結構な影響を及ぼします。

大事な書類が手汗で濡れてヨレヨレになってしまった、スマホが手汗で動かない、手汗が滑って物を落としやすいなど。
では軽度、中度、重度でどう違うのかを比較してみましょう。

軽度
手が湿っている程度で、手に触れると汗ばんでいることが分かる。
中度
見た目汗をかいているのが分かる。流れるまでいかないが、手に水滴ができて濡れている。
重度
水滴がすごくて、汗が垂れる程出る。


軽度だと汗ばむ程度で済みますが、重度だと日々の生活を送るのも大変です。

手の発汗作用の種類

続いて、手汗の発汗原因についてです。
手汗の原因は3つあります。

手から汗が出る3つの理由
精神性発汗・・・環境の変化や、対人問題、家庭内の悩み、仕事の不安など、ストレスは挙げだすとどこにでも転がっています。
そしてストレスや不安、緊張すると身体の中の交感神経が過敏になり大量の汗が出ます。
手汗の原因で一番多いのがこの精神性発汗です。
汗を抑えるためには、ストレスを上手く逃す方法を見つける事が大切です。

温熱性発汗・・・人間は身体を正常に保つために、体温を一定に保とうとします。
運動後や、気温が高い時には体温が上昇します。
上昇した体温を元に戻すために汗をかくのです。

味覚性発汗・・・カレーや唐辛子などの辛い食べ物や酸味が強い食べ物、ラーメンなどの熱い食べ物を食べた時に汗が出ます。
ですので、汗をかきたくない時の前は刺激の強い食べ物を避ける事をオススメします。


ちなみにこの3つの中で手汗の原因で一番多いのが、先ほどもご紹介しましたが精神性発汗です。

手汗のメカニズム

精神性発汗のメカニズムは緊張や不安、ストレスが身体にかかり自律神経(交感神経)が刺激されると、手の平のエクリン腺が活発に働き、そして活発に働いた汗腺から大量の汗が出る、という流れです。

ちなみに自律神経について説明しますと、自律神経には興奮状態の時に働く”交感神経”(主に昼間に活動する)と、リラックス状態の時に働く”副交感神経”(主に夜間の睡眠中に活動する)との2種類があり、この2つがバランスよく保たれている事により、身体を健康に保つ事ができます。

ただ興奮状態時に働く交感神経のみが活発に働きすぎると、身体が緊張状態になり手汗を沢山かきます。

ではどういう時に交感神経が活発に働くのか。

それは、ストレスやイライラ、不安や恐怖などの負の感情が身体にかかった時です。
それは睡眠不足や運動不足、不規則な生活などの肉体的ストレスから、人間関係の乱れや環境の変化、仕事の不満などの精神的ストレスまで全て影響してきます。

それを防ぐには、交感神経と副交感神経とがバランスよく働き続ける事が重要なのです。

では自律神経を刺激せず、バランスよく働かせるにはどうしたらよいのか。

一番手っ取り早い方法は、不安や焦りの感情を落ち着かせる事です。気持ちがクールダウンすれば、自然に汗は引いていきます。

と言ってもなかなか難しいものですよね。

ここで具体的に自分でできる手汗を抑える方法をいくつがご紹介しますね。

手汗対策法

手汗を気にしすぎない。

ワキガと同様に、手汗が出る事を気にしすぎるあまり、その不安や焦りがさらに交感神経を刺激し、汗を増やすという結果に繋がると、まさに悪循環の繰り返しになります。

大切なのは、気持ちを落ち着かせ、手汗を意識しすぎない事です。

生活習慣を整え、規則正しい生活を心がける。

睡眠不足や偏った食生活、運動不足などの不規則な生活を送っていると、自律神経を崩してしまいます。
早寝早起き、栄養を考えた食事療法、適度な運動などを心がけ、生活リズムを整える事が脱手汗に繋がります。

ストレスを溜めないよう心がける。

ストレスを溜めずにいるのはとても難しい事ですが、うまくストレスを逃す方法を見つける事が大切です。

そのためには、日々気持ちをリラックスさせて心を落ち着かせる時間を作るのも一つの方法です。
音楽を聴いたり、アロマを焚きながら半身浴をしたり、ハーブティーを飲んだりとリラックス方法は様々です。

忙しい日常の5分から10分でもいいので、自分の気持ちをクールダウンさせる時間を設けてみましょう。

手汗クリームや手汗パウダーを使う。

市販に手汗用の制汗剤も販売されています。代表的な商品は、”ファリネ”や、”コルクル”などが有名です。

手汗がひどいと病気なの?

手汗がひどいと様々な病気の疑いがあります。

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)

手掌多汗症とは手の平に異常な程大量の汗をかく症状を言います。手の平から汗が滴り落ちる程です。

主な原因は、ストレスや不安、緊張などの精神的要因で引き起こされる事がほとんどです。
ただ症状がひどい方は、ストレスなど関係なく常に汗をかきます。

解決法はストレス軽減するように心がけたり、又は専門の医療機関への相談をオススメします。例えば精神安定剤などを処方してもらうのも一つの方法です。

更年期障害

女性の方が閉経を迎える頃である更年期になると、急激に女性ホルモンが減少します。
ホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも崩れるため、汗量が増えるという仕組みです。

糖尿病

生活習慣病として知られている糖尿病は、血液の中のブドウ糖の血糖値が高い状態が続く病気です。

食生活や運動などの生活習慣の乱れが一番の要因だと言われています。
食べ過ぎや肥満、お酒の飲みすぎ、運動不足、ストレス等、不規則な生活も糖尿病の原因になってしまいます。

また糖尿病になり高血糖の状態が続くと、糖尿病神経障害という合併症を引き起こす事があります。

この糖尿病神経障害は末梢神経が障害を受けるので、体温や呼吸、内臓の働きや血圧などのコントロールがしにくくなり、発汗異常や立ちくらみ、便秘などの症状が出てしまうのです。

自律神経失調症

自律神経失調症はストレスや生活習慣の乱れ等で、自律神経のバランスが崩れてしまう病気です。

汗が出る他、疲労感やだるさ、めまい、ほてり、動悸、不眠、便秘や下痢、残尿感など様々な症状が現れます。
また感情の起伏が激しくなったり、イライラや不安感、落ち込みなど精神的な症状も加わります。

肥満

肥満の方は、内臓脂肪や皮下脂肪が多いので、体内の熱を外に発散させる事が難しくなってしまいます。

ですので発散できない熱を冷やそうと、体外に汗として放出するのです。よって肥満の方は汗をかきやすい体質の方が多いのです。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は甲状腺の機能が異常に活発になり、甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になる病気です。
大量の発汗、激しい動悸、手の震え、イライラや不安感、めまい、多飲多尿等様々な症状が出ます。

結核

結核は初期症状は風邪と似ていて、長期間に渡って微熱が続くため沢山の寝汗をかくようになるのが特徴です。

下がらない微熱が続くと、手汗のみならず全身からも汗をかきます。
風邪だと勘違いして、結核である事に気付かない事がありますので注意が必要です。
ですので、微熱が続き大量の寝汗をかく場合は医院の受診をオススメします。

手汗の治療法

手汗の治療法にもいくつかあります。
症状が軽度→重度の順にご紹介していきます。

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液は古くから使われている治療法で、汗腺を変性させる事により汗を抑える働きがあります。

また持続して塗り続けると、汗腺を萎縮させ汗自体を作る元を抑える働きもあると言われています。

塗り方
塩化アルミニウム液は、塗ってすぐ効果があるわけではなく、塗ってしばらく浸透させる事が大切です。
また汗が出ていない状態で塗らないと液が流れてしまいます。
さらに塗って1時間は汗が出ない状態を保つとより効果的です。
寝ている間はリラックスしているので、寝る前に塗るのがオススメです。

1、塗る前にまず石鹸でしっかり手を洗います。
2、しっかり手を乾かします。
3、塩化アルミニウム液を手の平に出し、手の平全体に広げていきます。パチンパチンと両手で叩きながら浸透させていくとより効果がアップします。
4、ドライヤー(冷風)や扇風機などで手の平を乾かします。
5、手袋をはめて(浸透しやすいため)就寝します。
6、一晩おいて、翌朝手につけた塩化アルミニウム液を洗い流します。



個人差はありますが1、2週間ほどで効果が出始めますので効果が出るまでは毎晩塗りましょう。
汗量が減ってきたら、塗る頻度を減らしてもOKです。

水道水イオンフォレーシス

水道水イオンフォレーシスとは微弱電流を流した水道水に手を20分程つけるだけで手汗が軽減するという治療法です。

(水に非常に弱い電気を流して作られた水素イオンが汗腺にダメージを与え、手汗を抑制するという仕組みです。簡単に言うと、汗の出口を塞ぐという事です。)
手汗治療ではかなりメジャーです。

メリット

8割の高い確率で効果は出たと言われています。

また痛みがなく安全性も高い他、副作用も少ないので治療に対しての不安は少なくすみます。
またこの治療法は保険適用されるため、一回千円程度で受けられます。

デメリット

効果は高いですが、手汗の根治ができるわけではないので、治療をやめると再発してしまうというデメリットがあります。

また受けてすぐに手汗が劇的に減るわけではないので、効果を実感するためには、医院によって違いますが、1、2週間に一回程度の定期的な治療が必要です。

治療法
1、容器に入った水に手を浸します。
2、水に電流を流します。(20分程度)多少のピリピリ感がします。

ボトックス注射

ボトックス注射のメカニズムは、ボトックスの有効成分である、”ポツリヌストキシン”が手汗の原因である交感神経の興奮を起こす”アセチルコリン”を抑制し、手汗を止めるという仕組みです。
施術後3日〜1週間程度で効果が出ると言われています。

メリット

手術時間は5分程度なので手軽さが人気です。

デメリット

個人差もありますが、一回の注射で効果は3ヶ月〜半年だと言われています。

ですので継続的に打つ必要があります。

気になるお値段ですが、クリニックにもよりますが治療費が一回5万〜10万程度と割高です。

ただ重度の多汗症と認められた場合は、保険適用になる場合もありますのでクリニックに予約の際聞きてみることをオススメします。

ビューホット

手汗重度の方にオススメのビューホットとは専用機器で汗腺を破壊していく治療法です。

施術方法は、高周波の極細針を装着したカートリッジを皮膚の上から当て、汗の出口を塞ぐという仕組みです。
メスを使わない分ダウンタイムも短くすむので人気です。

メリット

施術はメスで切らずにできるため、大きな傷跡の心配がございません。

また治療時間が20分程度と短いので手軽に施術できます。

他には、ビューホットは交感神経を取るわけではないので、代償性発汗(手汗が止まる分他の箇所から汗が出る事)の心配がございません。

デメリット

術後多少の腫れや赤みがしばらく残る事があります。

また治療費が保険適用外なため30万円前後と高額です。

ただクリニックによっても値段の差がありますので、まずは問い合わせてみる事をオススメします。

胸腔鏡下交感神経遮断術(ETS手術)

ETS手術 とは、手汗が出る原因になる胸部の交感神経を切断する事で、汗を出す信号を遮断させ、結果手汗を止めるという仕組みです。

また施術方法は、脇の下の皮膚を数ミリ切ってカメラを胸腔に入れ、モニターで胸の中を確認しながら、背骨近辺の左右両方の交感神経を切断します。

ちなみに重度の手汗に悩む方にオススメの施術方法です。

メリット

傷跡が小さいので、術後すぐでも目立ちません。
また手術時間も10分程と短いので身体的負担が軽くすみます。

デメリット

術後、手汗の悩みはなくなりますが代償性発汗(背中や胸、太ももなどから沢山の汗が出る)の副作用が出てしまいます。

ちなみに汗量の度合いは人それぞれです。

まとめ

手汗の原因は精神的要因が最も多いですが、ストレスって自分では気づかない内に溜まっているものですよね。

大切なのは、ストレスが溜まり切る前に、小出しにして上手く発散させる事です。
また軽度の手汗の場合は、自分で心がけるとだいぶ軽減しますが、重度の場合は医療機関に行かれた方が確実かもしれません。

最後に、どんな悩みやコンプレックスについても言えますが、神経質になりすぎない事が大切です。
焦らずに自分ができそうな範囲から少しずつ試してみる事をオススメします。

手汗を止める人気の医薬部外品ベスト3

 

フレナーラ【手汗対策ジェルクリーム】

フレナーラ

・安心の180日返金保証付き!
・医薬部外品!
・通販限定!

公式サイトでさらに詳しく

 

ファリネ【手汗対策制汗パウダー】

・パウダーなのでベタベタなし!
・30日間返金保証付き!
・医薬部外品!
・2016年モンドセレクション受賞!

公式サイトでさらに詳しく

 

テサラン【手汗対策クリーム】

・30日間返金保証付き!
・医薬部外品!

公式サイトでさらに詳しく