超音波治療法とは?

超音波治療法とは脇の皮膚を数ミリ切開し、アポクリン腺を含めた皮下組織を超音波の熱で破壊します。
そして壊れた汗腺を吸引して除去する治療法です。

従来の大きく切開する剪除法などの治療法とは違い、数ミリ程度の切開で済むため、傷跡が小さくダウンタイムも少なく済みます。
その上治療効果が抜群で、再発の心配がないので今人気の治療法と言えます。

施術方法

施術時間は両脇で30分程度と、かなり短時間で済みます。

1、局所麻酔をし、麻酔が効いたら脇の下を数ミリ程小さく切開する。
2、そこに、超音波発生器を差し込む。
3、超音波で汗腺類のみを破壊し、壊れた汗腺を吸引して除去する。
4、手術跡を縫い合わせる。

費用はいくら?

30万円程。(クリニックにって異なります。)

メリット・デメリットを比べてみましょう

メリット
手術時間が短い。
(切開によりアポクリン腺を取り除く剪除法などは医師が手探りで慎重に治療を行うため、どうしても時間を要します。ただこの超音波治療法は、超音波を当てるだけで汗腺類を破壊する手軽な方法のため、短時間で治療する事ができます。)
● 数ミリの切開なので痛みがそこまでなく、傷跡の心配がない。
(皮膚を大きく切開する事がないので、肉体的ストレスは少なくなります。
また、手術において出血がほぼないため、感染症の心配もありません。術後も筋肉や皮膚が引きつる等もございません。)
● ダウンタイムが少ない。
(超音波治療法は、汗腺類のみ破壊します。よって体への負担が少ないため、術後すぐに日常生活へ戻ることができます。)
● 入院・通院の必要がないため、周りにワキガ手術をした事がバレない。
● 汗腺にだけダメージを与えるため、周囲の組織にはほぼ傷をつけない。よって体への負担が少ない上、後遺症の心配がない。
(超音波の周波数や出力を微妙に調整す事が可能なため、汗腺類のみを識別し破壊させる事ができます。よって汗腺類以外の大事な組織には傷がつきません。)
● 再発の心配がない。
(超音波治療法で一度破壊された汗腺類は再生する事がないため、再発の心配が不要です。)
●脇毛の残毛選択ができる。
(超音波の周波数を調節できるため、汗腺類のみか、もしくは毛根まで破壊するかを選択する事ができます。なので、脇毛を残したい方が多い男性には適しています。)

デメリット
● 最新の治療法のため扱っているクリニックが少ない。
● 費用が高額。
● ワキガ再発の可能性はかなり低いですが、目視で手術しないため稀に取り残しが発生する場合がある。

日常生活への影響

入院や通院がいらず、日帰り手術もOKな程ですので、日常生活への影響はほぼないですがいくつか注意していただく事があります。

● シャワーは傷口に当たらなければ、当日から浴びる事ができる。
● 入浴は5日間くらい控える。
● 術後数日は、お酒などの刺激物を控える。
● 術後は3週間ほど激しい運動を控える。
● 重たい荷物を持つのは2週間くらい控える。

※クリニックにより異なりますので、問い合わせする事をオススメします。

よくある質問・疑問

再発の心配はないと言いますが、本当に再発がないのか?

一度破壊した汗腺については再発する事は絶対にございません。
ただ剪除法のように、医師の目視で手術するわけではないので、稀に取り残しの可能性があります。その場合、取り残した汗腺についてはニオイが再発する可能性はあります。

超音波による火傷の心配はないのか?

長時間超音波を当てていると、火傷を起こす可能性も0ではないですが、実際長時間当て続けることはないので、火傷の心配はございません。そこに関しては医師の技量の問題だと言えます。

治療に年齢制限はあるのか?

年齢制限は特にございません。
小学生の方でも、高齢者の方でも治療可能です。

ただオススメ時期としては、汗腺類は思春期の頃から活発になるので、理想的なのは思春期を超え身体が安定してきてからです。というのも、身体の成長段階で治療を行った場合、術後に活動を始めた汗腺類によりニオイが発生する可能性があるからです。
思春期にニオイが気になりだす方が多いとはいえ、それは目安ですので、医師への相談をオススメします。

まとめ

超音波治療法は、従来の治療法に比べ効果が高い上、再発の心配が少ないためオススメの治療法と言えます。
また数ミリ程度の切開で済むため、痛みが少なくダウンタイムも短いので日常生活に支障が出ない所も嬉しいポイントですね。