近年人気を集める永久脱毛

永久脱毛とは、レーザーで毛根部を破壊する事で、永久的に毛が生えてこないようにする治療法です。女性の施術者が近年急上昇中です。
全身の毛を脱毛する方から、脇や腕の毛など部分的に脱毛する方まで様々です。

また女性にとって脇の脱毛はとても重要です。剃らずにいたり剃り残しがあると、場合によっては恥をかく結果に繋がってしまいます。

永久脱毛をしたからと言ってワキガになる事はない

たまに永久脱毛をするとワキガを発症させる、と勘違いされている方がいるようですが、それは全くのデマです。
ワキガの原因である、アポクリン腺の量は生まれながらにして決まっているので、永久脱毛をしたからといって、ワキガを発症させるという事はありえません。

ただ生まれながらにしてアポクリン腺の量が多いワキガ体質の方は、脱毛後脇の臭い方に変動があったという意見は結構あります。

永久脱毛はワキガ臭を軽減させる?or悪化させる?

実は脇毛を永久脱毛したらワキガ臭が減ったという意見と、逆に臭いが増したという意見の真っ二つに分かれます。
実際のところどちらなのでしょうか?
理由と共に見ていきましょう。

永久脱毛後に臭いが減った理由

ではまず、脱毛後に臭いが減った理由からご紹介します。

1、脱毛により毛根がなくなり、臭いの元である雑菌が繁殖しなくなったから。

まずワキガ臭は、2大汗腺の一つであるアポクリン腺から発する汗に含まれる脂肪分やタンパク質が、皮膚表面にいる雑菌と合わさる事であの独特な臭いを発します。
またワキガ臭や臭いの元の雑菌は、毛根部に多く繁殖します。
加えて脇毛が濃いと、脇の湿度が高くなるので、より雑菌が増えやすくなります。
つまり、脱毛により毛根がなくなれば、雑菌の住処がなくなるという事なので、自然と雑菌の繁殖が抑えられ、臭い軽減に繋がるのです。

2、ニードル脱毛を行ったから。

脱毛する種類によって、臭い方が違うという意見もあるようです。
まず、ニードル脱毛とは、ほぼ確実な永久脱毛だと言われています。

施術方法は、毛穴一つ一つに針を入れて電気を流し、毛を生やす細胞を破壊します。
破壊した際に、毛穴周辺のアポクリン腺も一緒に焼かれるので、臭いが軽減するのです。

ただニードル脱毛は、ワキガ治療ではありません。すべてのアポクリン腺を破壊できるわけではないので、多少は臭い軽減の効果はあるかもしれませんが、確実に臭いが消えるとい事ではないのでご注意下さい。

永久脱毛後に臭いが増した理由

先ほど毛が多いと雑菌が繁殖しやすいと言いましたが、毛がなくなったのに臭いが増したのはなぜなのでしょう?
理由は3つ挙げられます。

1、毛がなくなり、臭いが発散されやすくなったから。

脱毛前は脇の毛がワキガ臭を多少なりともブロックしてくれていたものが、毛がなくなる事により、臭いを留める障害物がなくなったため、より臭いを感じるようになったのです。

2、毛穴に詰まった皮脂や老廃物が酸化して臭うから。

脱毛して毛はなくなりましたが、脱毛後毛穴に残された皮脂や老廃物が酸化して臭ってしまうのです。
しかも脱毛後は、毛穴が開いている状態なので老廃物が入りやすいのも原因の一つです。

脱毛後は汗が出たらすぐに拭き取り、清潔に保つよう心がけましょう。
また抵抗力も落ちていますので、リラックスし疲れを溜めないようにする事が大切です。

3、汗が増えたから。

実は、脱毛後に多汗症になったという方はとても多いのです。
汗が増えた理由は2つあり、脱毛行為が発汗刺激になったためなのと、精神性発汗によるものです。
ただ脱毛による発汗刺激は治療後の一時的なものだと言われています。

ほとんどの理由が精神性発汗です。
精神性発汗とは、ストレスや不安、緊張する事により汗をかく事です。
永久脱毛後は、特に意識が脇に集中します。
意識が脇に向けば向く程、緊張状態が続くという事です。結果精神性発汗を促す結果に繋がるのです。
悪循環にならないためにも、意識を脇からそらすように心がける事が大切です。

また永久脱毛により、毛がなくなったため、今まで流れる汗を止めていたものがなくなり流れ落ちたため、汗の量が増し、それを多汗症になったと勘違いする人が多いのも事実です。

ちなみに一般的に精神性発汗の治療は、「自律訓練法」です。自律訓練法とは、心療内科や精神科などで行われている訓練法で、数分で全身をリラックスさせ、全身の疲れをとります。ストレス緩和や、心身症、神経症などに効果があります。

他にも、後ほど紹介させていただきますが、ボトックス注射で汗量を抑制する方法もあります。

自宅で脱毛する

病院で脱毛せず、自宅で自分でケアする方も多いです。
その場合脇毛は抜くよりも、剃る事をオススメします。

脇毛を剃る。

脇毛を剃るという行為は、皮膚やアポクリン腺を刺激します。
刺激された皮膚に傷がつくと、そこから雑菌が入りやすくなり、炎症を起こしてしまう結果に繋がります。
ワキガは刺激に弱いので、上記の事が起こるとワキガ臭が増してしまうのです。
かといって、脇毛を処理せず放置する事はなかなか難しいので、処理した後は、しっかりデオドラント製品でケアしたり、保湿クリームを塗るなどの対策が必要です。

脇毛を抜く。

脇毛を抜くと、剃る時と比べてしばらく生えてこないのでケアが楽ですよね。
ただ、”抜く”=”毛根から抜く”という事なので、相当強い刺激を与える事になります。
それにより、ワキガ汗腺のアポクリン腺が刺激され、ワキガ臭が強くなる事があります。また一般汗のエクリン腺も同時に刺激され、汗量が増え、さらに臭いがキツくなる事も考えられます。

また毛根から抜くという事は、毛穴が開いた状態になります。
開いた毛穴には、臭いの元になる皮脂や老廃物が溜まりやすくなり、それらが酸化して臭います。また同時に細菌の繁殖も促され、悪臭を放つ結果に繋がるのです。

永久脱毛後の臭い対策

脱毛後、約半年が一番汗が多くなりやすい時期になります。
というのも、脇を気にするあまり、精神性発汗になる方が多いからです。
そうならないために対策が必要です。

ボトックス注射を打つ。

対策法として、一定期間ではありますがボトックス注射で汗量を抑制する方法もあります。
ボトックス注射とは、脇に注射を打つ事で汗量を抑制する事に加え、臭い軽減にも繋がるワキガ治療法の中で一番手軽な治療法です。
ボトックス注射をオススメする理由は、ボトックス注射で一定期間でも汗量を減らす事で、安心感を得る事ができ、ストレス緩和が期待できるからです。

デオドラントクリームでケアをする。

制汗、雑菌力に優れた効果が高いデオドラント商品で、しっかりケアをする事が大切です。
また保湿も忘れてはいけません。

脇を気にしすぎない。

先ほども申しましたが、結局気にしすぎる事が、精神性発汗を促します。
ストレスや不安が汗量を増やし、嫌な汗をかきやすくしますので、脇から気をそらす事が大切です。

まとめ

最後にまとめますと、永久脱毛をしたからといってワキガになるという事実はございません。

そして永久脱毛によるワキガ臭の軽減、悪化は結局のところどちらもあり得るという事です。

つまりワキガ体質でない方が永久脱毛をしたからといって、ワキガになる事はありませんが、元々ワキガ体質の方が永久脱毛を行うと、臭い方に変動が出る事があるという事です。

大切なのは、病院で脱毛しても、自宅で脱毛しても、処理後しっかり保湿するなどケアを怠らないようにする事です。