ワキガ体質はほとんどが遺伝で決まる

結論から言いますと、ワキガになりやすいかどうかは、生まれながらにして決まっています。つまりほとんどが遺伝により決まるのです。

よって両親共に、または両親のどちらかでもワキガ体質であれば、受け継ぐ可能性が大きいという事です。
何だかどう足掻いても遺伝と言われれば諦めムードになってしまいますが、自分で防いだり、臭いを軽減させる方法はありますのでご安心下さい。

今回は、ワキガになりやすい人の特徴を、遺伝の他にもいくつかご紹介します。

ワキガになりやすい人の特徴

1、親族にワキガ体質の人がいる。

まず先ほども申した通り、親族にワキガ体質の方がいると遺伝率が高いです。
ちなみに確率で言いますと、両親がワキガ体質→80%の確率でワキガになる。
片親がワキガ体質→50%の確率でワキガになるらしいです。
どちらにしても高確率で受け継ぎます。
ですのでワキガの方は、家族や親戚もワキガである可能性が高いです。

そもそもワキガとは2大汗腺であるアポクリン腺から放出される汗に含まれる脂肪分やタンパク質が、皮膚表面に住む常在菌とが混ざり合いう事であの独特なワキガ臭を放ちます。
ちなみにそのワキガの原因汗腺であるアポクリン腺の数は、生まれながらにして決まっています。
つまり、生まれながらにしてアポクリン腺が少なかったり、なかった方はワキガにはならないのです。

また、ワキガが発症しやすい時期は思春期の頃だと言われています。
思春期は子供にとって一番果敢な時期ですので、もし両親のどちらかがワキガで悩んでいた経験があるなら、お子さんの様子を伺ってあげるのも大切です。

2、脇毛が濃い人。

脇毛が濃い人はワキガ体質の傾向があります。

脇毛が太くて沢山生えているという事は、それだけ毛穴が発達していて、さらに毛根の数も多いという事です。そして毛根の数が多い人は、ワキガの原因であるアポクリン腺の数も多いと言われています。
つまり脇毛が太くて濃い人は、アポクリン腺も発達している可能性が高いので、ワキガである可能性が高いのです。

またワキガ臭や臭いの元の雑菌は、毛根部に多く繁殖します。
加えて脇毛が濃いと、脇の湿度が高くなるので、より雑菌が増えやすくなります。
結果臭いを増長させやすくなりますので、しっかりとしたケアが必要です。

3、耳垢がしっとり湿っている人。

耳垢は乾燥している人と、湿っている人がいます。そしてワキガ体質の方は耳垢が湿っている事が多いです。
なぜ湿っているかと言いますと、耳の中にあるアポクリン腺から汗が出るからです。
ちなみに人間の身体には2つの汗腺があり、それはエクリン腺とアポクリン腺です。

この2大汗腺を分かりやすく解説します。

人間の2大汗腺とは

エクリン腺
全身の皮膚に分布していて運動や暑さにより汗を放出します。体温調節を目的で汗をかき、99%が水分なので、汗自体サラサラしていて無臭です。

アポクリン腺
脇や陰部、耳の中、乳首などに存在します。汗には脂質やタンパク質、ミネラルなどを含み、ネバネバした汗を放出し独特な臭いを放ちます。ワキガの原因である汗腺になります。



そして耳の中には通常エクリン腺が存在しません。つまり、耳の中はアポクリン腺しか存在しないため、耳垢が湿っている=アポクリン腺から出る汗により湿っている、という事になります。

ワキガ体質の方は脇の下と同様、耳の中のアポクリン腺とも関係が深いという事になるのですね。

耳垢が湿っている=絶対にワキガとは言い切れない。

ただ注意したいのは、耳垢が湿っているからといって、100%ワキガだ!とは言い切れません。ややこしい話ですが、その理由は、耳の中にアポクリン腺ともう一つ皮脂腺が存在するからです。
皮脂腺とは、その名の通り皮脂を分泌し、手のひら、足の裏、耳の中などを除いて体全体に分布しています。皮膚や髪の毛の表面を保護してくれる役割があります。
その皮脂腺による皮脂などの分泌物が耳垢を湿らせる事があるのです。

どれが耳垢を湿らせているのかを判断するのは、素人では難しいので医師による判断が必要です。

4、肉食・高カロリーな人。

お肉やデザートなどの高カロリーな食べ物を摂取すると、アポクリン腺や皮脂腺を活発にさせます。
よって、高カロリーで高脂肪の食生活を続けているとワキガになりやすい
ということです。

よく脂っこい食べ物を食べると顔が脂ぎりますよね。
食べたものは、体に出やすいのです。

元々アポクリン腺がない人は欧米化した食生活を送ってもワキガにならない。

それから、先ほども紹介させていただきましたが、ワキガは遺伝率が高いです。
つまり生まれながらにして、アポクリン腺がなかったり少ない人は、いくら欧米化した食生活を送っていてもワキガになりません。

ただ注意したいのは、ワキガ体質であるが発症されていない人。そういう方が、高カロリーな食生活を送っていると、気づいたらワキガになっていた!というケースもあります。

ですので、ワキガ体質の方は、お肉よりも魚の方が脂質が少ないので、できるだけメイン料理は魚を選んだり、野菜をしっかり摂取するなどして、健康的な食生活を意識することが、脱ワキガに繋がります。

欧米化した食生活は、アポクリン腺を拡大させる。

肉食などの動物性タンパク質が多い食事を摂っていると、アポクリン腺にどんどん成分が溜まり、結果アポクリン腺が大きくなります。
もちろんアポクリン腺が大きくなるという事は、アポクリン腺から放出する汗の量が増えるという事です。
そして欧米化した食事は脂肪分を沢山含みますので、脂質と拡大したアポクリン腺から放出される大量の汗とが混じり合うと、あの強烈なワキガ臭を発する結果に繋がるのです。

ワキガに効果的な食生活について詳しく知りたい方はコチラ

まとめ

結果をまとめますと、ワキガになりやすいかどうかは、ほとんどの原因が遺伝や体質に関係するという事になり、唯一体質等で関係ないのが、食生活の問題になります。

遺伝や体質の問題は、自分の努力ではどうにも解決できないように思いますが、自分の予防次第でワキガ臭を軽減させる事は可能ですので諦めないでいただけたらと思います。