ワキガの予防方法

クリニックでワキガ治療を行うとなると、時間と多額なお金を要します。

確かに治療するとほぼ確実に治りますが、まずは自分で予防できる事を実践してみてからでも遅くはないのではないでしょうか。

今回は、自分でできるワキガ予防法をご紹介します。

1、ワキを清潔に保つ

ワキガ体質の方にとって脇を清潔に保つ事が、ニオイを拡散させないためには一番重要です。

ワキガは、脇の下に存在するアポクリン腺から発する汗に含まれている脂肪分やタンパク質が、皮膚表面にいる細菌により分解されることで、あの独特なワキガ臭を発します。

ニオイを周囲に発散させたくなければ、単純に脇の下の汗や細菌を綺麗に取り除けばいいという話です。

また皮膚上の細菌にとって、アポクリン腺から発する成分入りの汗は最高の大好物です。
そのため、汗をかけばかく程細菌がどんどん増殖し、ニオイも増してしまうのです。

ニオイを周りに拡散させないための具体的な方法は、汗をかいたらこまめに拭き取るか、可能ならシャワーを浴びるか、などです。

濡れたタオルやデオドラントシートで脇を拭く

水で濡らして固く絞ったタオルや、デオドラントシートを使ってこまめに汗を拭き取るとニオイ方はだいぶ違ってきます。

ちなみに、タオルで拭き取る場合は、乾いたタオルはNGです。乾いたタオルだと肌を傷つけやすい上、十分に脇の雑菌が拭き取れずに臭い成分が残ってしまうからです。

また汗をかいた後そのまま放置しておくと、細菌がどんどん増殖しニオイも増します。

しかも衣類にニオイの元が付着すると、衣類からもニオイを放つ結果に繋がってしまうのです。
ですから、そうなる前に汗をかいたらこまめに脇を拭き取るように心がけましょう。

シャワーを浴びる

汗をかいたら、こまめにシャワーを浴びて脇の下を綺麗にすると効果的です。

とは言っても、学校や仕事に1日出かけているとそうもいきませんので、可能な限りで結構です。

そこでポイントになってくるのが、身体の洗い方です。
身体の洗い方を間違える事で、ワキガが増長されてしまうので注意が必要です。

ゴシゴシ洗わず、優しく洗う

身体のニオイを落としたいとなると、ついゴシゴシ洗いがちになってしまいます。

ただ強く念入りにこすって洗う=ニオイがなくなる、にはなりません。それどころか逆にニオイを増長させてしまいます。

なぜニオイが増長されてしまうのか、原因として
強く洗う→皮膚を傷つける→皮膚が炎症を起こす→ワキガの原因菌が住みやすくなる→ワキガ悪化、に繋がるからです。

また洗いすぎは肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
皮脂とは身体中から分泌され、肌の潤いには欠かせない重要な役割を果たします。
よく顔のTゾーンがべたつくのも、皮脂の分泌のため起こります。

皮脂が少ないと乾燥肌になり、逆に多いと油肌になるので、皮脂は少なすぎても多すぎても問題なのです。

ちなみに、肌は乾燥すると身体から肌を守ろうとして、皮脂の分泌を活発にさせます。
皮脂が過剰に分泌するという事は、ワキガの大好物をどんどん増やす結果に繋がりますので注意が必要です。

スポンジや石鹸はどのようなものがいいのか

洗うスポンジはシルクや綿などの天然素材の物を使うか、手洗いで優しく洗うことをオススメします。

また身体を洗う時は、デオドラント石鹸やデオドラントボディーソープを使うとより効果的です。
他にはミョウバン石鹸やトルマリン石鹸、炭石鹸などもオススメです。

そして洗う際は、泡立てネットやスポンジできめ細かい泡を作り優しく洗ってあげることが大切です。
もし時間がある際は、脇の下にその泡をパックし2~3分放置してしっかり洗い流すと、効果がアップします
よ。

本当を言うなら、シャワーよりもしっかり湯船に浸かって汗を流す事が効果的です。
夜でもいいので、湯船で半身浴をし1日の疲れと一緒に汗も流しましょう。

ワキガ体質の方にオススメの入浴方法はコチラ

2、制汗スプレーやワキガクリームで殺菌・消毒する

ワキガに効果的なデオドラント製品には、スプレータイプ、クリーム、ローションやジェル、ふきとりシートなど様々な種類が販売されています。

どの商品がいいかというのは、個人差もありますので一概には言えませんが、やはり大手メーカーの安い商品よりも、価格の高いこだわりの商品の方を選んだ方が結果的にいい気がします。

やはりいいものは、消臭力の持続時間が長かったり、汗をかいた時のニオイ方が少なかったりと効果が優れています。

瞬間的な消臭効果を期待するなら安いものでもいいですが、ある程度の時間持続させたいなら多少高くても良いものを選ばれる事をオススメします。

↓40万個 突破した大ヒット制汗剤がコレ!

3、脇毛を処理する

脇毛があると、汗腺類からの分泌物が溜まりやすく、結果細菌類が繁殖しやすくなります。

また脇毛が濃ければ濃い程、脇の湿度が高くなるのでより細菌が増えやすくなります。
ですので、脇毛は処理する事をオススメします。
ただどう処理するかが重要ポイントです。

脇毛の処理は、剃るよりも抜く

脇毛を剃っても抜いても、どちらも皮膚やアポクリン腺を刺激する事になります。

ただ剃るよりも、抜く方がより強い刺激を与えてしまうため、どちらかというとダメージの少ない剃る方をオススメします。

脇毛を剃る

まず、脇毛を剃ると先ほども申した通り、皮膚やアポクリン腺を刺激します。

剃った事により皮膚に傷がつくと、そこから雑菌が入りやすくなり炎症を起こしてしまいます。
ワキガは刺激に弱いため、結果ワキガ臭を増長させてしまうのです。

ただ、脇毛を剃る=ワキガを増長させる、とは言っても生えた脇毛をそのまま放置できないものですよね。

大切なのは、処理した後しっかりデオドラント製品や保湿クリームでケアすることです。
ケアがあるのとないのとでは、ニオイ方も変わってきます。

↓120日間 全額返金保証!

脇毛を抜く

続いて脇毛を抜く事についてですが、脇毛を抜く=毛根から抜く、と言う事になります。

毛根から抜くと言う事は、皮膚やアポクリン腺に相当強い刺激を与える事になります。
よって強い刺激がアポクリン腺のみならず、エクリン腺も同時に刺激され、ワキガ臭に加え汗量も増える結果に繋がるのです。

また毛根から抜くと言う事は、抜いた後毛穴が開いた状態になります。
開いた穴には、ニオイの元になる皮脂や老廃物が溜まりやすくなり、それらが酸化してニオイが増します。また同時に細菌の繁殖も促され、悪臭を放つ結果に繋がるのです。

結局剃る事も抜く事も、ワキガ臭を放つ原因になるのです。ただそれは脇毛が生えた状態でも同じ事です。
どちらかというと、脇毛がない方がニオイの発生を防げますので、一番オススメする方法は、脇毛を剃って、その後しっかりデオドラント製品や保湿クリームでケアする事です。

脇毛の処理や脱毛についてはコチラ

4、食生活を見直す

ワキガと日々の食生活には密接な関係にあります。

現に欧米化した高カロリーな食生活は、現在人のワキガ体質を増長させているのも事実です。
というのも、肉食で高カロリーな食べ物は、ワキガの原因であるアポクリン腺を刺激させるため、ニオイを発生させてしまう原因に繋がるのです。

またワキガの治療を行う医師が言うには、昔に比べ現代人のポクリン腺が大きくなっているそうです。というのも、食生活の欧米化に伴い肉食になってきているため、アポクリン腺にどんどん成分が溜まっていった結果だそうです。
アポクリン腺が大きくなるという事は、アポクリン腺から放出する汗量が増えるという事です。そして欧米化した食事には脂肪分を沢山含むため、脂質と大量の汗とが混ざり合い、あの強いニオイを放出する結果に繋がるのです。

ではどういった食生活が良いのか、いくつか例を挙げていきますね。

1、和食中心を心がける

主食は、お肉よりも脂質の少ない魚を選ぶ。

また穀類や野菜、魚をバランスよく摂取する。これらの食べ物はワキガ臭を抑える成分が含まれています。

2、油に気をつける

ワキガを増長させてしまう、動物性の脂質(ラードやバター)よりも、植物性の脂質(サラダ油やオリーブオイル、ごま油)を使うよう心がけましょう。

また質の悪い油、古く酸化した油はワキガを増長させてしまいますので、避けた方がいいです。

3、匂いの強い食べ物を避ける

キムチやエスニック料理、香辛料の強い料理、ニラや玉ねぎ、にんにくなどはワキガ臭を強めます。

4、アルカリ性食品を食べる

アルカリ性食品は、ワキガ臭や体臭を抑える効果があります。

アルカリ性食品とは、梅干しや大豆、緑黄色野菜、果物、キノコ類、ワカメやひじき、めかぶなどの海藻類等です。
アルカリ性食品の反対には、酸性食品があります。酸性食品とは、まさに欧米化した高タンパク、高脂肪な食べ物(肉や魚、卵、砂糖など)を指します。
酸性食品ばかりを摂取していると、ワキガ臭を強めてしまうのでアルカリ性食品とのバランスを考える事が大切です。

5、体臭に効果がある食材を摂取する

緑茶や、お酢、生姜などはニオイ軽減してくれる食品として挙げられます。

ワキガ体質の方にオススメの食事療法はコチラ

5、タバコやお酒を控える

タバコに含まれるニコチンや、お酒に含まれるアルコールはワキガを悪化させてしまいます。

タバコがワキガを悪化させるメカニズム

タバコを吸う

ニコチンが中枢神経や体温調節機能を刺激させ、結果変な汗をかく

汗をかく事により体温が下がり代謝が悪くなる→代謝が悪くなり、質の悪いベタベタなニオイ汗を放出する。

 

お酒がワキガを悪化させるメカニズム

お酒を飲む→アルコールが汗腺(エクリン腺、アポクリン腺共に)を刺激する→汗量が増える→汗量に比例してニオイも発生する。

タバコもお酒も過剰な摂取は身体に良くないと言われていますが、身体やワキガに良くないと言って、我慢を続けるとそれがストレスになり、逆にワキガを増長させてしまう可能性があります。
程よくが大切です。

6、衣類の素材に気をつける

インナー選び

脇と直接触れ合うインナーに気を配る事は、ワキガ臭軽減に繋がります。

ではどんなインナーが良いのか。
それは、汗を吸収し通気性に優れた、肌触り抜群のインナーです。

具体的に言いますと、

汗を吸収する

吸収性に優れている=瞬時に脇汗を吸収してくれるという事です。

汗が多いと、それだけワキガ臭の原因菌が活発になりワキガ臭を増長させてしまいます。
吸収性の良いインナーや脇汗パットで汗をしっかり吸収させる事が、ニオイ軽減に繋がります。

通気性に優れている

通気性が良いと言う事は、脇汗をうまく発散させてくれるので、衣類と脇の間で汗が留まり蒸れるという心配がございません。

逆に通気性が悪い衣類を着用すると、脇汗が外に発散されずに蒸れてしまい、ニオイと共に雑菌も繁殖しやすくなり強いニオイの原因になってしまいます。

肌触り抜群

素材が悪いインナーだと、脇に刺激を与える事になり汗量を増やす結果に繋がります。

肌触りが良いインナーを身につける事によって、汗をかきずらくし、さらに蒸れも抑えてくれます。

どのような素材が良いのか

ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維の素材はワキガ臭を悪化させてしまいます。

オススメの素材は、コットンやウールなどの天然素材のものです。

基本的にニオイを軽減させたいなら、やはり汗をかいたらすぐに着替える事をオススメします。
その際に、脇の下を綺麗に拭き取るとよりニオイ方が軽減します。

7、ストレスを軽減させるよう気をつける

ストレスは万病の元であり、ワキガにとっても悪影響を及ぼします。

ストレスとワキガのメカニズムをご紹介します。

ストレスが溜まる

不安や焦り、恐怖や緊張が身体中を張りめぐらせる

ストレスにより自律神経(身体の循環器や消化器、呼吸器などの活動を調整するため24時間働き続けている神経)が乱れる

自律神経が乱れるとホルモンバランスも同時に乱れる→この2つが乱れると、ワキガの原因であるアポクリン腺が刺激される

ワキガ臭を発する

という流れです。

またストレスがかかった状態でかく汗は、質が悪く皮脂を多く含みます。

つまり脂汗という事です。脂汗は、ベタベタしています。
そしてストレスによりかいた皮脂入りの汗が皮膚に住む常在菌と混ざり合う事で、あのワキガ臭を放つ結果に繋がるのです。

ストレスが増し汗量が増えると、ニオイ方も増しますので、ストレスの溜めすぎには十分に注意が必要です。

ワキガとストレスの関係性についてはコチラ

まとめ

日々の積み重ねがワキガ臭軽減に繋がりますので、自分で意識して予防する事が大切です。
是非参考にしてみてくださいね。